車買取トラブルの事例

車買取トラブル事例を見ていきましょう

車買取トラブルの事例としてよくあるものの中の一つに、契約終了後にもかかわらず初めに言われていた買取金額よりも減額されてしまったというものがあります。このトラブルは、特にネットの車一括査定を利用した車買取時のトラブルとして多く挙げられるもので、メール査定の時点では買取金額が高かったにもかかわらず、実際に見積もりをしてもらったところ、かなり買取金額が下がってしまったという事でトラブルに発展してしまっている事例が多いようです。

他にも、車買取が成立した後で事故歴や修復歴が発覚したために返金を要求してくるといったトラブルですとか、支払予定日を過ぎたにもかかわらず代金が振り込みされないなど、色々なケースのトラブルが報告されているようです。

こうした車買取におけるトラブルというのは、基本的には金銭にかかわるトラブルが多いのですが、こういったトラブルを回避するためには事前の確認というのは必ず必要となります。あとで買取金額が変わってくるという事はあるのか、キャンセルする時にはキャンセル料というのは発生してくるのかどうか、トラブルを防ぐためにはしっかりと確認しておくべきでしょう。また、その会社が信用できる会社なのかどうかや、以前に起こしたトラブルなどについても、事前にインターネットなどで調べておくと間違いないかと思います。

また、車買取を強要してくる業者も中にはあるということで、たとえば契約成立まで居座られた、帰ってくれないといったことからトラブルになっている事例もあるようです。

コチラに関してもやはり、あらかじめその車買取業者についての口コミなどの評判を調べておくことで、トラブルは防げるようになります。また、一括査定サービスを利用して複数業者に同じ時間帯に査定に来てもらうのもトラブル回避のためにはいい方法ですし、そもそも一括査定サイトは大手の会社が運営していることがほとんどですので、評判の悪い買取業者は基本的には排除されています。ですのでそうしたサービスを利用することでもある程度トラブルは防げるでしょう。

車買取トラブル事例はほぼゼロ!

せっかく車を買取してもらう訳ですから、トラブルのない納得のいく取引を目指したいですよね。ここからはさらにいろいろなトラブルのケースについて紹介していきます。


車買取トラブル事例~名義変更について~

車買取トラブルに多い名義変更

車買取トラブルにおいて金銭トラブル以外でよく聞かれるものとしては、名義変更に関するトラブルです。このトラブルを防ぐためには、車の買取が終わった後の名義変更は、いったい誰がいつするのかという事をしっかり確認しておくことが必要です。

車買取の契約が終わり、車と書類を引き渡すことで代金が振り込みとなりますが、ここでほとんどの方は買取の工程がすべて終了したと思ってしまいがちです。ですがその車の名義変更までしっかり終わらせないと、あとで思わぬトラブルに発展するケースもあるのです。車買取専門店では余計な手間と経費が掛かるので、通常は名義変更は行いません。ですが売った後のトラブルを回避するためにも、車買取契約の際は必ず名義変更をしておくべきです。

では、車買取契約時に名義変更をしなかった場合にどのようなトラブルが想定されるのかというと、その車を買取した新しい所有者が万一事故を起こしてしまった時に、警察から追及される場合があるという事です。車の新所有者が全く見ず知らずの人であってもです。車買取時の契約書に、その場合は責任を回避できるという旨記載されていれば問題ないのですが、なかなかそこまでチェックはしないですよね。またそこまでいかなくても、買取された車が業者によって転売を繰り返された場合、実印を押してある書類や印鑑証明書などが次に買取した業者に渡ることによって、アナタの名前や住所、電話番号、生年月日等の情報がどんどん流出してしまうこととなります。個人情報の取り扱いにうるさくなっている昨今、このような個人データの垂れ流し状態はとても危険なものだと言わざるを得ません。どこでどのように悪用されるかわかったものではありませんので、そこから別のトラブルに発展する可能性もなくはないのです。

それではこういった名義変更についてのトラブルはどのように回避すればいいのかというと、車買取契約の時に「直ちに名義はそちらの会社(お店)に変更してください」と伝えることです。できるだけ早く、遅くても10日以内が望ましいでしょう。また契約書にも名義変更をするという旨、車買取店から一筆もらっておくと完璧です。念のためなんという会社(お店)に名義変更されるかも聞いておくことが、トラブルを防ぐカギともなります。


車の個人売買で注意しなければいけないトラブル

車個人売買でのトラブルに注意!

車の個人売買は車買取専門店よりも高い金額で車の売却ができるなどといったメリットがあり、根強い人気があるようです。買取する側としてもお店よりは安く買取できることが多いですし、消費税もかかりません。また思わぬ掘り出し物が見つかる可能性もあるということでも人気があり、最近では売りたい人と買いたい人が集まるマッチングサイトなども登場してきているようです。ただそのように気軽に個人売買がおこなわれるようになったぶん、やはりトラブルには注意が必要となってきます。

では個人売買ではどういったトラブルが想定されるのかというと、やはり多いのは名義変更に関するトラブルです。一昔前なら、個人売買といっても親戚や知人・友人などとのやり取りが一般的でしたが、最近は全く見ず知らずの人との契約という事もあり得る時代ですので、トラブル回避のための名義変更手続きはとても重要なことになってきます。オークションなどで見ず知らずの人に売却する場合、名義変更されていないことによって自動車納税通知書が送られてきてしまうといったトラブルもあるようですので、トラブルに対する最大限の注意が必要になってきます。

また、金銭的なトラブルもやはり多いのが個人売買ですから、基本的にはやはり車両の引き渡しと代金の受け渡しは同時におこないたいものです。もし相手が遠方の方でそれが難しい場合には、車だけを先に送って、代金の支払い後に書類を郵送するなどの対処が必要でしょう。また万が一のトラブルに備えて、相手方とのやり取りについてはすべて記録しておくことが望ましいです。

とはいえ、いくら少なくとも数十万単位の高額な取引となりますので、後々のトラブルのリスクを考えるとそのような個人売買よりは、中古車買取専門ショップなどの業者に売却する方が安心だといえます。

車買取のトラブルはこちらで回避!

車買取でトラブルが起きたらどこに相談すれば?

車買取トラブルの相談はどこに?

車買取に関連するトラブルが起きてしまった時は、誰かに相談しないと不安なものだと思います。

たとえば買取業者に引き渡しした後で、「再査定の結果、事故車両であったことが判明したので、買取金額は査定額の半額になります。キャンセルするなら出張査定費用とキャンセル料合わせて5万円お支払下さい」などと急に業者から連絡が入ったら驚きますよね。と同時に、とても不安な気持ちになる事でしょう。

たしかに売り主側には「瑕疵担保責任」というものがあって、売却した車に隠れた瑕疵があった場合には買取した側はこの瑕疵担保責任を盾に、売り主に対して損害賠償やキャンセル料といったものを請求できます。ただ、一括査定サイトなど利用して探し出したような買取店舗が現車確認したのであれば、プロの査定士による査定ミスという事になりますので、そのミスを売り主側に対して請求するというのはおかしな話という事になります。よってこういったケースでは後になっての減額は認められない訳ですが、そのことを知らない場合や、知っていたとしても急にそんな難癖をつけられては不安になるのも無理はありません。

最近では車買取一括査定サイトの運営側として、このように契約後の価格変更やキャンセル料の請求を迫ってくるようなトラブルの多い車買取業者は、排除するよう取り組みをしているようです。ただし、現状ではそういったトラブルを起こすような車買取業者が完全にゼロになったという訳ではないので、やはりそのようなトラブルが起きた場合はしかるべきところに相談するべきです。

車買取トラブルの相談窓口

  • JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595
  • 国民消費者センター消費者ホットライン 局番なし188
  • 最寄りの法テラスなど

中古車の買取査定サイト『かんたん車査定ガイド』の仕組みと利用するメリット

かんたん車査定ガイドはその名前のとおりに、簡単に車の査定を受けることができるので車を売ろうとしている時に役に立ちます。

kurumasateiguide

車を売る時に高く売るためには、たとえばガリバーやラビット、アップルなどといった複数の業者から査定を受けて金額の比較をするのが一番なのですが、そのために何社も申し込みをするというのはそれだけでも手間のかかるものです。しかし、コチラのかんたん車査定ガイドでは車の情報を入力して査定をしてもらいたい買取業者にチェックを入れ、送信を押すだけで査定の申込を完了することができるので手間がかかりません。一度に最大十社までの車買取業者に対し申し込みができるので、申し込みの手間を省くだけでもかなりの負担軽減となります。

申し込みをした後はメールや電話で概算価格の通知があるので、実際の査定を受けるより前にある程度どのぐらいの金額になりそうか、またどこの店が高く買取をしてくれるのかということを知ることができ、それだけ有利に査定を受けることができます。この段階ではあくまでも概算価格でしかありませんから、実際の車の状態が極端に悪ければ概算価格よりも下がってしまいますし、逆に入力した情報以外にプラスとなる材料が多ければ高くなることも有ります。

どちらにしても参考となる金額があるのとないのとでは、交渉のしやすさが変わってくるのでかんたん車査定ガイドを利用するメリットは大きいのです。

そして、かんたん車査定ガイドを利用する最大のメリットはかんたん車査定ガイド経由で申し込みをしたことが伝わるので、業者側も他に買取をしようとしているライバルがいるということがわかるので、そうなると互いに牽制しあうことになり自然と買取金額がアップしやすくなるのです。