車買取で詐欺に遭わないための注意点

車買取詐欺に注意しましょう!

車買取で詐欺に遭わないようにするためには、査定時のウマイ話をカンタンに信用しないということが大切です。

よく耳にする詐欺の手口として、名義変更を今月中に行なってくれたら高く買取しますというものがあります。それを信用して車買取の契約をすると、代金の支払いがいつまで経っても行なわれず、問い合わせをしようにもすでに電話がつながらない状況となっているものです。

こういった車買取の詐欺というのは、警察に被害届を出した段階ではすでに手遅れ。その時点でもう車は転売されてしまっているということがほとんどです。これがこの種の詐欺の厄介なところですね。こうなってはもう泣き寝入りするよりほかありませんので、車買取時にはショップの言うことを鵜呑みにせず、極端においしい話にはある程度疑ってかかったほうがいいでしょう。確かに素人にはわかりづらい点が多い車買取ですが、詐欺に遭わないためにはなんでもかんでも業者任せにしてしまうというのは考え物です。

車買取で詐欺に遭わないようにするためには、ある程度有名な大手業者に買取を依頼するというのもひとつの手ですね。

大手業者の場合は営業マンに対する教育がしっかりしていますし、全国展開しているようなお店であれば詐欺を働いて逃げるというようなことはまず考えにくいです。注意したいのはそれ以外の小規模で無名の業者です。

もしもそのようなあまり聞いたことのない業者に車買取をお願いすることになった場合は、必ず事前にネットの口コミサイトなどでその業者の評判や、詐欺まがいの契約をしてくることはないかなどをチェックしてからにしてください。

最近では詐欺業者側も大手の看板を装ってくるなど、こちら側としては非常にわかりづらいケースも増えてきているようですが、チェックポイントとしてはすぐに車を持って帰ろうとする業者は危険度が高いようです。

実際の車を査定したあとに、高額で転売できる可能性があるためすぐ持って帰りたいというのであれば、これは当然のことですので気にしなくていいのですが、電話やメールで連絡を取っている段階、つまり実際に査定を行なう前なのに、車の引取りが高価買取の条件となっているような業者だと注意が必要です。

また、車を引き取った後に傷が見つかったなどという理由で、車買取金額を下げてくるという詐欺もよく報告されています。これについては車買取のプロである担当者が、実際の査定の段階でその傷を見つけられなかったことが原因ですので、こちらに落ち度はないといえます。毅然とした態度で臨んだほうがいいでしょう。